カテゴリ

<実証された>ゴボウのカンタン袋栽培10のポイントと病害虫の対策

  • URLをコピーしました!

ゴボウ栽培は、どのぐらい土を掘る必要があるのだろう?
ゴボウを栽培するには、どうするんだろう?
ゴボウを生育していくうえで、何をすれば良いのか?
多くの情報があって何を信じたら良いのかわからない。
などと困ったことはありませんか?

私は、毎年ゴボウの袋栽培をしていますが、これからお伝えする方法で成功しています。
この育て方は、初心者の方にもカンタンにできるので、是非オススメしたいと思い記事にしました。

この記事は、次の悩みをお持ちの方にオススメです。

  • 袋栽培のやり方は?
  • 栽培のタイミング&準備は?
  • 必要な土の酸度は?
  • タネのまき方と時期は?
  • 水やりの必要性は?
  • 間引きのやり方は?
  • 追肥のやり方&タイミングは?
  • 収穫&保存方法は?
  • オススメの品種は?
  • かかりやすい病害虫の情報は?

 これらに焦点をあてて、栽培実績をもとに初心者の方向けにわかりやすくお伝えいたします。

この記事を読むと、ゴボウの袋栽培でおさえたいポイントを知り、繰り返し見直すことができます。

 このページを「お気に入り登録」していただくと便利かと思いますのでご活用ください。

スポンサーリンク
目次

ゴボウの袋栽培10のポイント

ゴボウの袋栽培を管理していくうえで、必要な情報を10にまとめてみました。

 これから紹介する10のポイントをおさえれば、失敗する確率は低いと考えます。

袋栽培の準備をしよう

袋栽培の準備について、写真の通り真似るだけでOKです。

 袋栽培は、野菜を育てる前の畝立てにあたる作業となります。

袋栽培を次の手順でマネてみよう!

STEP
肥料袋などの上下をハサミで切る
STEP
袋栽培する下側の土をほぐす
STEP
ほぐした土を平らにする
STEP
袋が入るサイズに4本支柱を立てる
STEP
袋を支柱に被せる
STEP
土を袋の中に入れる
STEP
土の表面ぐらいまで袋を折り返す
STEP
袋の土台周りに土を盛る
STEP
袋の土台周りを土で固める
STEP
袋の側面に多数の穴をあける

土の量がかなり必要になりますので、培養土などを用意して混ぜても良いかもしれません。

培養土ではなく、1から土づくりをしたいという方はこちらの記事もあわせてご覧ください。

土壌の酸度をpH6.0へ調整しよう

ゴボウがスクスク育つ土壌の環境を整えましょう。

 ゴボウ栽培において、土壌のpHは平均的な数値で育ちます。

 具体的数値として、pHを5.5〜6.5以内でOKです。

酸度測定をしてpHが6.0前後ぐらいなら問題ないでしょう。

市販の酸度計をいろいろと試しましたが、こちらのタイプに落ち着きました!
電池要らずで、穴掘って水いれて刺して測るだけ!

Arcland Online 楽天市場支店
¥5,143 (2024/02/22 07:35時点 | 楽天市場調べ)

 1㎡の面積あたりpHを0.5上げるには、「石灰」をひと握りまきます。

 反対にpHを0.5下げるには、「ピートモス」をひと握りまきます。

酸度調整用として保有していると便利ですよ!

タネまきは4月〜5月がベスト

露地栽培において、失敗しない野菜づくりの1つは、適した時期に栽培することです。

 関東の気候の場合ですと、4月〜5月ぐらいでタネまきするのが1番良い時期です。

前日タネを水に浸そう

タネまきの前日に、タネを水に浸しておくことで、発芽率を高める効果があります。

この方法で発芽率95%以上の実績があります。

タネをまく12時間前から24時間前ぐらいに必要な数だけ水につけておきます。タネが水に浮いてしまうこともあるので、しっかりと浸しておきましょう。

家庭菜園オススメの品種

袋栽培にオススメの品種は「サラダごぼう」と「サラダむすめ」です。

一般的なゴボウより細めの太さですが、採れたてのゴボウは柔らかくて美味しいです。

船木種苗店
¥315 (2024/02/23 13:41時点 | 楽天市場調べ)

点まきしてタネをまこう

隣との間隔を3㎝〜5㎝ぐらいで点まきをして、深さ1㎝〜2㎝程度の穴を指であけ、1つのタネをまきます。 

点まきの間隔は3〜5㎝
深さ1〜2㎝程度の穴をあけタネを入れる
タネまきに対する考え方
  • 点まきの間隔を3〜5cmとしているのは、間引き作業を減らすため
  • 1つの穴に1つのタネのみ入れるのは、発芽率の高さにおける信頼性
  • 深さが1〜2cm程度というのは、光を好む光好性種子のため深すぎては発芽しない

水やり栽培初期は「◯」後期は「×」

ゴボウの初期生育期間中は、たっぷりと水をあげましょう。その後は雨のみで大丈夫です。

 袋栽培の場合、幼苗までは土の表面が乾いたら水をたっぷり与えます。葉が4〜5枚になったら、後は雨のみで育てていきます。

 ゴボウは、乾燥していることで、水を求めて地中へ根を伸ばして生長します。水やりしたい気持ちを抑えてスパルタで育てましょう。

間引きのタイミングと株間

ゴボウの間引きは、一般的に2回にわけて実施します。

 最終的な間引きの株間は、ゴボウ品種の太さにより調整しましょう。

間引きのタイミングと株間の目安
  • 本葉1〜2枚の頃、丈夫な苗を残して3cm〜5cm間隔に間引く
  • 本葉4〜5枚の頃、丈夫な苗を残して5cm〜10cm間隔に間引く

 ※写真はサラダごぼうという品種で、最終的に3㎝〜5㎝の間隔でOKなのでそのように間引きします。

追肥のタイミングと種類

ゴボウの追肥は、時期をわけて2回ほど実施します。

追肥のタイミング
  • 肥料の種類は、化成肥料8-8-8がオススメ
  • 本葉4〜5枚の頃、1つの袋栽培に半握り分(約40g)の肥料を株元から離してまく<写真サイズの頃>
  • 本葉7〜8枚の頃、同様に半握り分(約40g)の肥料を株間に数カ所の深い穴をあけて流し込み土をかける

収穫時期はタネまきから5ヶ月前後

ゴボウの品種にもよりますが、タネまきから4ヶ月〜6ヶ月で収穫可能です。

ゴボウの袋栽培の収穫は、次の通りに行えばカンタンにできます。

STEP
袋の側面をハサミで切る
STEP
土を崩してゴボウの表面を出す
STEP
ゴボウの下の方まで土を削る
STEP
必要な数だけゴボウを収穫する

家庭菜園で剪定から摘果まで何でも使えて、ステンレスで錆びにくいタイプがオススメです。

サラダごぼうを7ヶ月以上育て続けた結果

 本来の太さより、かなり太いごぼうに育ちました。

 畑の区画スペースに余裕がある場合は、そのまま育て続けても問題ないです。

味もそこまで変わらないので、次の保存方法に加え、保存したい場合の選択肢として考えても良いかもですね。

保存するなら洗ってはダメ

ゴボウは、土が付いたまま保存するのが基本です。

保存期間と方法
  • 1週間メド
    • 水で洗った場合、保存期間が短い
  • 2週間メド
    • 土が付いたまま新聞紙で包み冷暗保存
  • 1ヵ月メド
    • ささがきしたゴボウを干して乾燥保存
  • 2ヵ月メド
    • 土が付いたまま新聞紙で包み冷蔵保存

かかりやすい病害虫の情報

ゴボウにかかりやすい病害虫の情報を、多くの本やこれまでの経験からまとめてみました。

カビによる伝染病!うどんこ病

葉の表面が白っぽくなっていく、いわゆる「白カビ」のことです。

 梅雨時期から夏にかけて多く発生するので、株間をあけ、風通しの良い環境を整えましょう。

症状

葉に小麦粉をまぶしたような白いカビが生える

発生時期

5月〜10月

被害部位

予防方法
  • 密植を避けて株間を十分にとり、日当たり、風通しをよくする
  • 肥料の3要素である窒素分のやり過ぎに注意する
対処方法
  • 被害を受けた葉は、早めに取り除き、他への伝染源を断つ
  • 重曹と水やオイル、食酢を混ぜたものをスプレーする
    • 効果大:重曹(1g)+水(500ml)+酢(20ml)+植物性オイル(50ml)
    • 効果中:重曹(1g)+水(500ml)+酢(20ml)
    • 効果小:重曹(1g)+水(500ml)

群生して吸汁する害虫!ゴボウヒゲナガアブラムシ

葉の裏側にアブラムシのような黒い害虫がいたら「ゴボウヒゲナガアブラムシ」です。

 寄生した部位の汁を吸って生育を阻害したり、ウィルス病を媒介させる害虫なので注意が必要です。

症状

葉の裏側に約3mmぐらいの大きさで、黒色の虫がたくさんついている。

発生時期

4月〜11月

被害部位

葉裏

予防方法
  • 密植を避けて株間を十分にとり、日当たり、風通しをよくする
  • 肥料の3要素である窒素分のやり過ぎに注意する
  • ストチュウ液を1週間に1回、葉裏などに散布する
対処方法
  • 見つけたら潰して取り除く

吸汁する害虫!アワダチソウグンバイ

葉に黄白のまだら模様がある場合、「アワダチソウグンバイ」という害虫の可能性があります。

 葉裏に寄生して汁を吸い、黒色の排泄物を残します。

 そのまま放置しておくと、葉全体が黄白色に変色して枯れていく場合があるので注意が必要です。

症状

葉に黄白色のまだら模様がつき、葉の緑色が白っぽくなってくる

発生時期

6月〜10月

被害部位

予防方法
  • 周辺の雑草を日頃から取る
  • ストチュウ液を1週間に1回、葉裏などに散布する
対処方法
  • 葉の色を観察し、白っぽいと思ったら、葉裏に生息する害虫を潰して退治する

 ゴボウの袋栽培を初めてされる方が、抵抗なく楽しい栽培をいただけるように、私の経験から具体的にまとめてみました。

 家庭菜園を初めてみたいけど、栽培場所がないという方は、貸し農園で全国展開している『シェア畑』さんもございます。

 全国70農園展開中!【シェア畑】

 これらをご参考いただき、いろいろな栽培方法(づくり肥料など)を考えて家庭菜園を楽しんでくださる方が少しでも増えてくれたら嬉しいです。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次